※この商品はメール便でのお届けはできません。
  • 商品程度 : 中古良品
  • 付属品 : なし
  • 本体材質 : 樹脂
  • ペン先素材 : 14金
  • 字幅 : M(中字)
  • 機構 : 吸入式
  • サイズ
    全長:約131mm (収納時)
    全長:約155mm (筆記時)
    胴軸径:約12mm
    キャップ径:約13mm (クリップ除く)
    最大径:約16mm (クリップ含む)
    重さ:約16g

  • 外観全体的にスレ・キズ、メッキ部多少劣化等使用感見られますが、普段使いに気兼ねなくご使用いただけるコンディションです。
    1970年代
    現行にはない美しい黒縞にペリカンファンならずとも心動かされます。
    ヴィンテージならではの風合いをお楽しみください。

    【革新と信頼の独逸ブランド、Pelikan】
    化学者のカール・ホーネマンが油絵具や水彩絵具、そしてカラーインクの製造を行ったことに起源するペリカンの歴史。
    1838年4月28日、最初の価格表が作成され、その日を会社創立日としてスタートします。
    絵具から学童向けの必需品を生み出す一方、プリンター用のトナーでも知らぬ者はいないとされるペリカン製品。
    そんなペリカンブランドが万年筆、筆記具として有名になるきっかけが
    1871年に会社を譲り受けたギュンター・ワーグナーの登場です。
    1879年にドイツでも最も早い時期にペリカンブランドを安心の証とし、商標登録を完了。製品を宣伝する事の重要さを証明します。
    1884年に万年筆の特許を取得したウォーターマンに次ぎ、2年後にはインク製造を開始。
    1929年、それまでレバーやスポイト式の万年筆が世間を賑わす中、インク内蔵量や安心度の改善を求め革新的な新システム、ピストン式吸入機構の特許を取得。
    透明ペリカン万年筆やかのモデル100、#100コレクションが誕生します。
    1938年には早くも100周年を迎えたペリカンブランド。100Nシリーズが新登場するなど市場を席巻する中、
    1950年。数年に渡る開発期間を経てペリカン400が登場します。
    グリーンと透明の縞模様を持つ胴軸は、今日も尚ペリカンを象徴する顔ともいえる商品となります。
    万年筆市場の熱が冷めていく中、安定した製品を制作し続けるペリカン。
    1980年代、日常的な使用に比べ手紙や署名、所謂ステータスシンボルとしての価値が高まる中、モデル400の復刻版スーベレーンM400が登場。
    下降気味であったペリカンが再び眩く上昇気流に乗り羽ばたいた瞬間でもあります。

    以後、数々の復刻品、限定品、日本の蒔絵とのコラボ商品。
    多くのファンを虜にし、世界中に安心のドイツブランドとして逸品を発表し続けたペリカン。
    2018年にはいよいよ創立180周年を迎える世界を代表する筆記具ブランドです。

    年代とともに変化してきたペリカンのロゴの雛の数、そして嘴(くちばし)を模したクリップの形状。
    時の流れをデザインの変化とともに感じられる、物語のある筆記具。
    単なる筆記のための道具に留まらない、希少な嗜好品。すべての人にオススメ出来る逸品揃いの名メーカーです。
    キングダムノート保証: 1年
    ※お求めの後、1週間以内の初期不良はご返品可能です。
    ※商品程度の詳しい説明と中古保証規定
    ※[SAS]の詳しい説明

    ※ディスプレイにより、色の見え方が実際の商品と異なる場合がございます。
    ※掲載商品は、店頭販売もしております関係上、ご注文メールを送信いただいた時点で、すでに完売や予約済みになっている場合がございます。
    ※中古万年筆につきましては、出荷前に入念な洗浄を行っておりますが、万年筆の特性上、ペン先や本体内部に若干のインクが残り、使い始めに色が混じることがあります。予めご承知おきください。

    chu180105